坩堝(るつぼ)なエンタメNews♪

坩堝(るつぼ)なエンタメNews♪

混沌としたエンタメNewsをお届けします♪

【随時追記】『愛してたって、秘密はある。』福士蒼汰主演、日本テレビ




<スポンサーリンク>



 

 

とんでもない秘密を背負った司法修習生!?

 

ドラマや映画で、主演として大活躍の福士蒼汰さんが、あらたにちょっとエグい役柄に挑戦するドラマです。

福士蒼汰さんは司法修習生役なんですが、この司法修習生には大きな秘密が。

その秘密を結婚を控えた恋人にも言えません。

なぜなら、彼は人を殺したのですから...。 

 

この【随時追記】記事では、ドラマ『愛してたって、秘密はある。』の全体情報に加えて、各回毎のあらすじやネタバレについても、どんどん追記してきます。

最終的には、う〜んと長い記事になってしまうかもしれませんが、ついてきてくださいね♪

 

なお、ドラマ『愛してたって、秘密はある。』の放送時間帯は次の通りです。

  • 日本テレビ系列で、毎週日曜22時30分〜

 

全体のあらすじ

f:id:kanreki7:20170718100620p:plain

(画像出典:公式サイト) 

 

奥森黎(おくもりれい/福士蒼汰)は、中学時代、父・皓介(こうすけ/堀部圭亮)が母・昌子(まさこ/鈴木保奈美)に暴力を振るう場に居合わせ、母の身の危険を感じ、父を殴り殺してしまいます。

 

母・昌子は黎に「罪はなかったことにすれば罪じゃなくなる」と話し、遺体を庭に埋めます。

そして、父の車を崖から海に落とします。

 

時が流れ、黎は司法修習生に。

しかし、自ら罪を犯している黎は、加害者の立場・視点から離れることができず、弁護士を目指します。

 

そんな黎に恋人・立花爽(たちばなさわ/川口春奈)ができ、結婚の約束も。

爽の父・弘晃(ひろあき/遠藤憲一)は、神奈川地方検察庁の検事正だったのです。

司法修習生で弁護士を目指す黎を弘晃は認めようとしません。

 

大きな罪を背負ったまま黎は、どういう未来を歩むのか...。

 

主なキャストたち

 

キャスティングだけ見ても、しっかりした俳優・女優がたくさんいるドラマです。

それだけも、展開が楽しみです。

とくに、遠藤憲一さんがいいなぁ〜。

 

  • 奥森黎(おくもりれい)/福士蒼汰
    • 主人公、弁護士を目指している司法修習生。
    • 立花爽と結婚の約束をしている。
  • 奥森皓介(おくもりこうすけ)/堀部圭亮
    • 医師で、黎の父。
    • 母・昌子へのDVがきっかけで黎が殴り殺し、現在、失踪扱いになっている。
  • 奥森昌子(おくもりしょうこ)/鈴木保奈美
    • 黎の母で看護師、夫の死を隠した。
  • 立花爽(たちばなさわ)/川口春奈
    • 黎と同じ司法修習生、香坂法律事務所で研修している。
  • 立花弘晃(たちばなひろあき)/遠藤憲一
    • 暁人と爽の父で、神奈川地方検察庁の検事正。
    • 爽との結婚を認めない。
  • 立花茜(たちばなあかね)/岡江久美子
    • 弘晃の妻、暁人・爽の母。
  • 立花暁人(たちばなあきと)/賀来賢人
    • 爽の兄で、フリージャーナリスト。
    • 検事志望だったが父に反発し、目指す道を変えた。
  • 風見忠行(かざみただゆき)/鈴木浩介
    • 奥森皓介の元同僚医師で、看護師である奥森昌子と同じ病院に勤務している。
  • 安達虎太郎(あだちこたろう)/白洲迅
    • 黎や爽と同じ司法研修生。
  • 香坂いずみ(こうさかいずみ)/山本未来
    • 法科大学院で黎と爽がお世話になった恩師で弁護士。
    • 香坂法律事務所を開いている。
  • 山田隆也(やまだたかや)/柄本時生
    • 香坂法律事務所のパラリーガル。
  • 一ノ瀬義男(いちのせよしお)/矢柴俊博
    • 港西警察署刑事課の刑事。
  • 井上大悟(いのうえだいご)/佐伯大地
    • 港西警察署刑事課の若手刑事で一ノ瀬刑事のバディ。
  • 浦西果凜(うらにしかりん)/吉川愛
    • 私立女子高生、高校受験のとき黎が家庭教師をしていた。

 

見逃し情報

 

民放の見逃しサイト『TVer』で見ることができます♪

また、動画配信サービス【Hulu】でも扱っています。

【Hulu】ならば放送後の全話をいつでも好きなときに見ることができます。

 

主題歌は...

 

家入レオの『ずっと、ふたりで』。

 

第1話のあらすじとネタバレ

 

  • 罪はなかったことにすれば罪じゃなくなる

 

黎は中学生のときに、父を殴り殺しました。

母に対する父の暴力を見かねてです。

そのとき、母・昌子が口にしたこの言葉が物語のキーフレーズです。

 

しかし...

  • 罪は本当に隠し通せるのか。
  • 隠し通せたとして、それで本当に罪はなくなるのか。

 

母といっしょに父を庭に埋めるなどして「罪はなかったこと」にした黎。

その罪は、黎のその後の生き方に大きく影響します。

 

黎は歳を重ね、司法修習生となりますが、自分が犯した罪が忘れられず、どうしても加害者の目線・立場で犯罪の枠組みを考えてしまいます。

そんな経緯もあり、黎は弁護士を目指しているのです。

 

司法修習生の同期、爽と恋人同士となった黎。

やがて結婚の約束をし、黎の父と面会することに。

爽の家を訪問すると、そこに居たのは神奈川検察庁検事正の立花弘晃でした。

  • 東大以外は大学ではない、検事を目指さない修習生はだめだ。

そういう考えのもと、弘晃は娘・爽との結婚を承諾しません。

 

そんななか、黎は、取調で関わった犯人を証拠を積み重ねて釈放させます。

しかし、その者は殺人を犯していたことが、釈放後発覚し、再逮捕されます。

加害者視点に立つ自分のやり方は間違っているのかと考える黎。

 

ほぼ同じ頃、黎のスマホに謎のメールが。

  • 庭の父には結婚の報告をしないのか?

さらには、翌日、父を埋めたはずの庭が掘り返されていたのです。

黎の罪が暴かれるのは時間の問題です...。

 

第2話のあらすじ

 

第2話については、公式サイトのあらすじから要点をピックアップしています。

第2話視聴後に、書き換えますね♪

 

11年前に父・皓介(堀部圭亮)の遺体を埋めた庭から、遺体と凶器が持ち去れてしまいました。

これで覚悟を決めた黎(福士蒼汰)は自首をすると言い出すものの、母・昌子(鈴木保奈美)がやめてくれと懇願します。

 

そして黎のところに「お父さん、みーつけた」というメールが届き、さらには、母・昌子が過労・心労で倒れ、いよいよ黎は爽(川口春奈)との結婚をやめようと決断します。

 

そんななか、爽に差出人不明の封書が届き、なかには黎の父に関する事実が...。

爽の父、弘晃(遠藤憲一)はひそかに黎の身辺調査をさせており、黎は信用できないと断定し、それを娘・爽にも告げます。

爽に届いた謎の封書は、父がやった身辺調査と関連しているのでしょうか。

 

黎は爽に呼び出され、黎の父のことを問われます。

 

まとめ

 

連続ドラマの第1話は、どれもそうなんですが、全体像の披露&紹介という感じが多いですね。

『愛してたって、秘密はある。』も同じです。

 

ただし、このドラマ、他のこういった類いのものとは毛色が違い、最初から殺人犯は明確なわけです。

そこが随分違う。

しかも、その殺人犯こそが主人公なわけで...。

どう考えても、主人公が過去犯した罪から逃れられるハズがありませんし、この物語が大団円に終わる気もしません。

 

そうなると何が物語の主軸になるのか...。

 

誰がどういう意図で主人公の罪を暴こうとしているのか、それが「謎」だし、このドラマを見続ける大きな動機です。

 

なかなか、面白い設定と展開だと感じました。

第2話が楽しみです♪

  

  • 記事更新日:2017年7月19日
  • 記事公開日:2017年7月18日