坩堝(るつぼ)なエンタメNews♪

坩堝(るつぼ)なエンタメNews♪

混沌としたエンタメNewsをお届けします♪

【随時追記】『ごめん、愛してる』長瀬智也主演(4年ぶり!)、TBS




<スポンサーリンク>



 

 

「小さな巨人」のあとは韓国ドラマ!?

 

最高視聴率最終話の16.4%、平均視聴率 13.5%とそこそこの成績を残したTBS系列ドラマ『小さな巨人』の自作は、韓国ドラマリメイクです。

 

公式サイトのトップ画像〜長瀬智也、大竹しのぶ、坂口健太郎、吉岡里帆の4人の暗い顔つきを見てるとそれだけで...。

 

第1話で、先行きどうなるか見えてしまうドラマにならなければと少し心配しています。

 

この【随時追記】記事では、ドラマ『ごめん、愛してる』の全体情報に加えて、各回毎のあらすじやネタバレについても、どんどん追記してきます。

最終的には、う〜んと長い記事になってしまうかもしれませんが、ついてきてくださいね♪

 

なお、ドラマ『ごめん、愛してる』の放送時間帯は次の通りです。

  • TBS系列で、毎週日曜21時〜

 

全体のあらすじ

f:id:kanreki7:20170709072756j:plain

(画像出典:KoreLabo 

 

幼い頃、母親に捨てられて、ずっと大変な環境で過ごしてきた岡崎律(長瀬智也)が、自分を捨てた母に復讐を誓うドラマ。

これだけでめっちゃ暗っ!

 

当然のように律は裏社会で生きるしかなかった...。

律は、偶然、一人の女性・三田凜華(吉岡里帆)を助けると、少しずつ律の人生が変わっていくのです。

 

ある事件で致命傷を負って死期が迫った律は、実母・日向麗子(大竹しのぶ)を探し当てますが、麗子の息子・サトル(坂口健太郎)に対する愛を目の当たりにしてショックを受けます。

 

いろんな愛憎が交わるドラマ。

 

_/_/

 

元は2004年11月からおよし1年間に韓国で放送された全16回のテレビドラマです。

韓国では最高視聴率 29.2%を記録話題作でした。

 

トルコ版、タイ版、中国版でリメイクされてますので、ドラマとしては相当に支持されるものなのでしょう。

 

主なキャストたち

 

  • 岡崎 律  (おかざきりつ/長瀬智也)
  • 三田 凛華 (みたりんか/吉岡里帆)
  • 日向 サトル(ひゅうがさとる/坂口健太郎)
  • 日向 麗子 (ひゅうがれいこ/大竹しのぶ)
  • 加賀美修平 (かがみしゅうへい/六角精児)
  • 三田 恒夫 (みたつねお/中村梅雀)

  

見逃し情報

 

ドラマ『ごめん、愛してる』の見逃しは、民放見逃しサイト「TVer」、そして、「TBSFREE」で扱いがあります。

視聴期間は、放送終了後から1週間後に次の話が放送されるまでです。 

 

主題歌は...

 

宇多田ヒカルさんの『Foevermore』です。

 

第1話のあらすじ

 

乳幼児のとき、捨てられていた「律」。

この子といっしょに、お守り袋があり、そのなかに「律」と書いた紙切れと指輪。

恐らくそれが名前だろうということで、養子にもらわれて岡崎律となりました。

何年かたって、岡崎夫婦が韓国に行き、そのときに、律は岡崎夫婦のもとを離れ、「流れ」で韓国の地でストリートチルドレンとなったのです。

 

時が流れて、ある事件に巻き込まれ頭に銃弾を受けたものの、取り除くことができなくなってしまいました。

つまり、余命宣告をされてしまったのです。

 

そこで、律は生きているうちにと、母に会うために日本に帰国することにしました。

しかし、日本で再会した母は、まったく自分のことを覚えていない。

 

_/_/

 

ここで1つ疑問が...。

養護施設でお世話になった人が「養子縁組した母は、律が韓国で逃げた」と言っているが、どうも律の記憶では「母が韓国で律を捨てた」となっている点。

 

この疑問が解消されない限り、律が母・麗子と再会したときの涙の意味が説明つきませんから...。

 

そのあたりは、第2話以降で明らかにされるのでしょうか。

 

 

_/_/

 

まだ放送前なので、内容がホントわかりません。

なので、とりあえず、公式サイトのあらすじをコピペしてきます。

放送後は、適時、ブログ管理人「くろ子」の言葉で書き換えます♪

 

幼いころ母親に捨てられ不遇な環境で過ごしてきた岡崎律(長瀬智也)。底辺で生きる彼の居場所はもはや裏社会にしかなかった。
そんな暗澹とした日々を送っていた律は、ひょんなことから一人の女性・三田凛華(吉岡里帆)を助ける。
後に、これが二人にとって運命を変える出会いとなる…。
 
ある日、律は事件に巻き込まれ頭に致命的なけがを負い、命がいつ尽きるかわからない状態に。
せめて最期に親孝行がしたいと実母を探し始めた律は情報を掴み、母親・日向麗子(大竹しのぶ)を探し当てる。
 
しかし律が目にしたのは、貧しさゆえに自分を捨てたと思っていた母親が息子のサトル(坂口健太郎)に溢れんばかりの愛情を注ぐ姿。
裕福で幸せそうな二人の様子に愕然とした律は、母親への思慕と憎しみに葛藤する。
 
そんな時、律は凜華と再会する。
凜華は幼馴染みであるサトルに思いを寄せていたが、その想いは届かず寂しさを抱えていた…。

(公式サイトより)

 

まとめ

 

「くろ子」は単なる好き嫌いですが、愛憎ドロドロ劇は好みません。

第1話は見ますが、その後、見なくなる可能性大です。

その場合、ここの「随時追記」はしませんが、ありからずご了承ください。

 

_/_/

 

なんて書きながら...

大竹しのぶさんのすぐさま役柄に入り込む「憑依する演技」が楽しみです。

やはり、素敵な女優さんですからね♪

 

 

_/_/

 

それから主演の長瀬さんが、「ポジティブな切なさもある」なんて言ってました。

何ソレ!?

 

  • 記事更新日:2017年7月19日
  • 記事公開日:2017年7月8日