坩堝(るつぼ)なエンタメNews♪

坩堝(るつぼ)なエンタメNews♪

混沌としたエンタメNewsをお届けします♪

【随時追記】『脳にスマホが埋められた!』伊藤淳史主演、日テレドラマ




<スポンサーリンク>



 

 

1話完結のSFヒューマンドラマ!?

 

伊藤淳史さんの民放連ドラ主演は、2013年1月クールの『あぽやん〜走る国際空港』(TBS系列)以来、久々です。

連ドラ自体には、しょっちゅう出演されているので、私たち視聴者は伊藤淳史さんに対して「久しぶり」感を抱くことは全くありません。

今回は、脳にスマホが埋め込まれちゃったというハチャメチャ展開なので先が読めないですが、それも楽しみな一つの要因です。 

 

この【随時追記】記事では、ドラマ『脳にスマホが埋められた!』の全体情報に加えて、各回毎のあらすじやネタバレについても、どんどん追記してきます。

最終的には、う〜んと長い記事になってしまいますが、ついてきてくださいね♪

 

なお、ドラマ『脳にスマホが埋められた!』の放送時間帯は次の通りです。

  • 日本テレビ系列で、毎週木曜23時59分〜

 

全体のあらすじ

f:id:kanreki7:20170706204708p:plain

(画像出典:twitter.com 

 

主人公、折茂圭太(伊藤淳史)は、アパレルに勤務するリストラ候補社員です。

しかし、ある日突然に「頭がスマホ」になっちゃいます。

それで、状況が変わってしまう!?

 

折原の視界にはニコ動のようなメッセージが飛び交うし、しかも、他人のスマホメッセージも見れちゃうし、自分をスマホとして操作できちゃうし...。

 

そんなこんなで「脳内スマホ人間」になった折原は、自分の意思とは関係なく、次々に社内外のトラブルに巻き込まれていくのです(>_<)

 

そして、ヒーローになる!? 

 

_/_/

 

このドラマの企画は、あの鈴木おさむさんで〜す。

そして、主題歌は、三浦大和さんの『U』です。

  

主なキャストたち(追記済み)

 

このドラマ、まだ情報不足です。

それぞれの役柄詳細が不明です(>_<)

なので、今日のところは、主だった役名と俳優・女優名の列挙だけにしますね。

 

_/_/

 

舞台はアパレル会社『エグザルトン』です。

エグザイルとルイヴィトンを掛け合わせたようなヘンテコな会社名ですね。

 

<経営トップ>

  • 社長、   黒部 仁 (岸谷五朗)最大の問題児か!?
  • 社長秘書、 藤木 友里(西丸優子)

 

<総務課>

  • 総務課課長、小堀 守 (戸田昌宏)
  • 総務課係長、竹ノ塚史郎(池田鉄洋)信頼していた先輩なのに...
  • 総務課課員、折原 圭太(伊藤淳史)主人公
  • 総務課同 、栗山 五月(篠田麻里子)
  • 総務課同 、蜂谷 薫 (野村麻純)
  • 総務課同 、臼田 定子(ぼくもとさきこ)
  • 総務課同 、蟹江 小夜(結城モエ)

 

<バタンナー室>

  • バタンナー、石野 柳子(新川優愛)陰の主人公だぁ
  • バタンナー、安田 部々香(安藤なつ)

 

<受 付>

  • 受   付、楓(中川知香)
  • 受   付、栞(新田祐里子)

 

<その他>

  • 同 居 人、田西 譲司(岡田龍太郎)
  • 圭太一人娘、愛花(髙嶋琴羽)
  • 林家ペー、パー子(本人!)

 

見逃し情報

 

ドラマ『脳にスマホが埋められた!』の見逃しは、民放見逃しサイト「TVer」で扱いがあります。

視聴期間は、放送終了後から1週間後に次の話が放送されるまでです。 

 

また、「TVer」では、ドラマスタート直前スペシャルとして、3つのスペシャル動画を視聴できます。

ドラマ『脳にスマホが埋められた!』の秘密がわかっちゃうかも!?

 

第1話のあらすじと、ちょいネタバレ

 

このドラマ、主人公はもちろん人間スマホになっちゃう折原(伊藤淳史)です。

だけど、陰の主人公、いやいや、W主演級なのが、折原をアシストする石野柳子(りゅうこ/新川優愛)です。

 

で、第1話(別名「OS1」)でなんとなくわかったことは、石野は自分自身のとてつもない思惑(?)のために折原に近づき、アシストしているってこと。

それは、どうも社長絡みのような...。

ストレートに書くと、社長・黒部(岸谷五朗)に復讐するために、石野は折原を利用しちゃおう...ってことです。

真偽の程は、まだわかりませんけど(^_^;)

 

石野は、自分でメッセージをあちこちに投げて、それに反応したのが折原だったので、サポートする...みたいな流れですけど、それって、ホントはどうなんでしょ。

なんか、その当りも怪しい。

 

それから、ランニングのとき、空から何かが近づいてきて...それって、1996年公開のジョン・トラボルタ主演の映画『フェノミナン』に状況、クリソツなんですけど(>_<)

あれって、主人公がラストにああなっちゃうので...折原がそうなるのか心配です。

 

_/_/

 

ところで、スマホ人間になってしまった折原は、同僚の本音が見えてしまうことに苦しみます。

しかも、昔同じ店で働いていた尊敬する先輩、竹ノ塚(池田鉄洋)の裏切りが辛かった。

 

その裏切りを聞いた石野は、竹ノ塚をやっつける方法を折原に授けます。

そして、石野の思惑どおりに竹ノ塚のしっぽを掴んだのですが...。

折原は、その証拠を石野の思惑とは全く違う方法で使います。

 

物事の解決って、一つだけじゃないってことです。

そして、それは単なる結果オーライでもないってことです。

 

_/_/

 

そうそう、第1話で、スマホ人間になった折原のうなじには、ホームボタンと充電口がついていることがわかりました。

それから、ホームボタン長押しで電源オフにしたら、他人のスマホののぞき見もできなくなるってことも。

それから、電池がなくなると電源が落ちちゃうってこともね。

 

_/_/

 

そして、第1話のラストに石野の衝撃的な行動がぁ!!!!

 

第2話のあらすじと、ちょいネタバレ

 

石野柳子(新川優愛)が折茂圭太(伊藤淳史)に近づいた理由がわかりました。

石野は、学生時代に仲間たちと立ち上げたブランドを「エグザルトン」の社長黒部仁(岸谷五朗)につぶされたのです。

その復讐をしたいがために、石野は「エグザルトン」に契約社員として入り、復讐の機会を狙っていたのです。

つまり、折茂を通じて、黒部社長の醜聞や悪事の情報を集め、それで黒部を地獄にたたき落とす(>_<)

 

そんなこんなのとき...

 

折茂は、大阪の店舗で働いていた後輩、相馬美羽(相楽樹)に再会します。

そして、なんと相馬が黒部社長の愛人だったかもしれないことを突き止めます。

 

_/_/

 

途中をうんと端折って(笑)、

そんな相馬ですが、なんと、折茂と石野の仲間になってしまいます。

おひおひ、どうしてだ!?
 

第3話のあらすじ

 

公式サイトからのコピペで〜す。

第2話を見終わったら、「くろ子」の言葉で差し替えます。

_/_/

ある日、折茂圭太(伊藤淳史)は、「エグザルトン」の同僚、本吉佳蓮(秋元才加)が「死にたい」とスマホで呟いている事に気づいてしまいます。

実は、佳蓮は実業団チーム所属の世界的に有名なマラソン選手だっのです。

圭太はその佳蓮が気がかりで、事情を探ることになりますが…

 

まとめ

  

伊藤淳史さんって、ドラマにいつも素敵な味を出しますね。

「くろ子」は、直近の出演ドラマ、小雪さん主演の『大貧乏』(フジテレビ系列)を見ていました。

小雪さん演じる主人公の同級生で、弁護士役を伊藤淳史さんが演っていました。

ずっと見続けていると、伊藤さんの役、というより伊藤さんは欠かせないキャストだということを痛感させてくれる役者だと感じます。

 

今度の主演ドラマも、そういう展開だといいなと思います。

7/6のスタートを楽しみにしています♪

 

  • 記事更新日:2017年7月8日
  • 記事公開日:2017年7月7日