坩堝(るつぼ)なエンタメNews♪

坩堝(るつぼ)なエンタメNews♪

混沌としたエンタメNewsをお届けします♪

野際陽子最後の出演、6/24公開映画『いつまた、君と』(尾野真千子主演)素敵です♪




<スポンサーリンク>



 

 

6/13に急逝された女優・野際陽子さんの最後の出演映画が、6/24に公開されます。

『いつまた、君と〜何日君再来〜』。

俳優・向井理さんの祖母を描いた物語です。

 

野際陽子さんの最後の作品...

 

急逝された野際陽子さんの最後の作品は、2つあります。

 

1つ目は...

 

覚醒剤関係で逮捕された俳優・橋爪遼容疑者が出演しており続行が一時、危ぶまれましたテレビ朝日系列の昼ドラマ『やすらぎの郷』(月〜金、午後0:30〜、テレビ朝日系列)です。

 

野際さんは6/16、6/19〜21の回に出演しました。

野際さんが演じた役は、物語の重要人物なので、今後代役を立てて撮影が行われるはずですが、今の所、代役が誰になるのかは不明です。

 

2つ目は...

 

6/24に公開される映画『いつかまた、君と -何日君再来-』(尾野真千子主演)。

これは同作品に出演もしている俳優・向井理さんの祖母・芦村朋子さんの物語です。

朋子さんの若い頃を尾野真千子さんが、晩年を野際陽子さんが演じています。

 

映画『いつまた、君と〜何日君再来〜』

 

この作品は、向井理さんの祖母・芦村朋子さんの手記に基づくストーリーです。

 

プチ映画情報♪

  • 監 督:深川栄洋(代表作『神様のカルテ』)
  • 脚 本:山本むつみ(代表作『ゲゲゲの女房』)
  • 主 演:尾野真千子、向井理(W主演)
  • 共 演:野際陽子、岸本加世子、駿河太郎、イッセー尾形 など
  • 主題歌:「何日君再来」/高畑充希

 

副題:何日君再来とは...

「ホーリー ジュン ザイライ」。

1937年に上海で制作され上映された映画『三星伴月』の挿入歌です。

たくさんの人々に親しまれた素敵な曲なのですが、時々の権力者の政治的思惑で、なんども禁止された歌謡曲でもあります。

 

様々な歌手がカバーしています。

有名どころではテレサ・テンさんでしょうか。

 

若くして夫を亡くした主人公・芦村朋子さん(野際陽子/尾野真千子)が生涯、自らの命尽きるまで亡き夫を愛し続けたというストーリーが『何日君再来』と重なるのでしょう。

 

映画『いつまた、君と〜何日君再来〜』では、『何日君再来』が主題歌であり、女優の高畑充希さんが歌い上げます。

  

あらすじ

 

芦村朋子(野際陽子)の晩年、すでに亡くなっている夫・吾郎(向井理)との思い出を手記として書いています。

しかし、脳血栓で入院し、大学生で孫の理(芦村理)がパソコン入力を手伝うことに。

その手記には、いままで理が全く知らなかった祖母、そして、遭ったこともない祖父の姿が、慎ましくも楽しい家庭を通じて見えてきたのです。

 

_/_/

 

『遠い親戚同士の私たちは、戦地慰問を兼ねて、3年間、文通を続けていた』

 

私たち、朋子と吾郎は、日米開戦の前年〜1940年〜中国で2年間軍務に就いていた吾郎が一時帰国したとき、はじめて遭います。

 

そして、その瞬間、双方の心に愛が芽生えるのです。

その後、結婚に至った朋子と吾郎は、吾郎が急逝するまでの短い間、素敵な時を重ねていきます...。

 

朋子は夫・吾郎が他界したあとも、女でひとつで子育てをしていきました。

そして、ずっと夫・吾郎を思い続けているのです。

 

生まれ変わってもまた、あなたと...。

 

ノベライズ版『いつまた、君と』

 

映画『いつまた、君と』は、そのノベライズ版『いつまた、君と』が出版されています。

 

「くろ子」もそれを読んでいます。

 

今日は、このノベライズ版のラストにある「向井理さんと脚本家・山本むつみさんの対談」を読んでいました。

 

この映画は、NHKの朝ドラ『ゲゲゲの女房』に出演している向井理さんと、その脚本を手がけていた山本むつみさんが、撮影中に交わした言葉からスタートします。

 

2人がベンチに座っていたとき、向井さんが山本さんに言います。

  • 僕、今すごくやりたいものがあるんです。

 

それが向井さんが執筆を手伝った祖母・芦村朋子の手記でした。

その手記を読んだ山本さんと向井さんは、やがて、この作品を映画までに育てることになります。

 

そんなやりとりを読んでいて...

 

わたくしごとですが...

「くろ子」は、高齢の母を買い物に連れていくため、母を車に乗せてスーパーに向かいます。

 

これついさっきのことなんです。

 

そして、車のラジオのスイッチをつけたら...なにやら聞いたことのある声。

番宣なんでしょうね、それが祖母を語る向井理さんでした。

なんという偶然でしょう!

 

帰宅して、ドキドキしながら、ノベライズ版『いつかまた、君と』をさきほどまで読んでいました。

 

まとめ

 

明日6/24から公開の映画『いつまた、君と -何日君再来-』、「くろ子」は明日観ます。

 

映画を観たら、もう一度、ノベライズを読みます。

そして、ここに感想などを書きますね。

 

_/_/

 

そして、

野際陽子さん、素敵な作品をありがとう。 

野際陽子さんのご冥福を心からお祈りします。

 

追記

 

『いつまた、君と』を公開初日6/24に観てきました。

感想などはこちらに書きました。

 

f:id:kanreki7:20170623125859p:plain

(※画像出典:公式サイト

 

  • 記事更新日:2017年7月19日
  • 記事公開日:2017年6月23日