坩堝(るつぼ)なエンタメNews♪

坩堝(るつぼ)なエンタメNews♪

混沌としたエンタメNewsをお届けします♪

映画『バトルシップ』放送中止〜日テレ、誰に「忖度」したのか〜「エイリアンvs海軍」の物語なだけでしょ!




<スポンサーリンク>



 

 

日テレが「忖度」発揮!?

 

日本テレビは6/23(金)の『金曜ロードSHOW!』枠で放送予定だった映画『バトルシップ』の放送中止を6/19に発表しました。

6/17、静岡県伊豆半島沖でアメリカ海軍のイージス艦が起こした事故を想起させるからというのが理由みたいですね。

日テレは誰にどう「忖度」したのでしょう...。

 

イージス艦事故とは...

 

6/17、静岡県伊豆半島沖で、アメリカ海軍のイージス駆逐艦とフィリピンのコンテナ船が衝突し、イージス艦のほうに死傷者が出てしまいました。

空の防衛には強いイージス艦が、図らずも、普通の船としては強くなことを露呈してしまいました。

 

衝突した原因、責任はイージス艦とコンテナ船のどちらにあるのか、現在、調査中のようで不明です。

 

放送予定だった映画『バトルシップ』とは

 

映画『バトルシップ』は、2012年4月日本公開のアメリカ映画です。

  • 監督:ピーター・バーグ
  • 主演:テイラー・キッチュ
  • 共演:浅野忠信、ブルックリン・デッカー、リアーナアレクサンダー・スカルスガルド、リーアム・ニーソン など

 

あらすじ

 

アメリカ海軍ら世界14カ国の怪異軍兵2万人が参集する合同演習。

そこに、正体不明の物体が降下してきます。

それらはなんとUFO、エイリアンの来襲だったのです。

ほどなく、海軍とエイリアンたちとの戦いが始まりますが、軍事力の差は歴然。

圧倒的に強い、というか強すぎるエイリアンの前で、海軍は手も足も出ないという状態です。

そんななか、懲戒免職必至のダメダメ大尉が大活躍...。

 

感想

 

とってもアメリカ映画らしい作品です。

どういうことかというと、世界の危機、地球レベルを目の前の出来事に矮小化して展開するという、アメリカ的なアレです(^_^;)

 

面白いか、面白くないかというと...フツーです。

  • ヤフー映画評価は 3.34点(5点満点)。
  • 映画.com評価は 3.2点(同)。

2012年公開の同作品は、日本国内興行成績は約15億円でした。

 

あまり話題にならない作品でした。

 

替わりに放送される作品は『ダーク・シャドウ』

 

『ダーク・シャドウ』のプチ情報

  • 監督:ティム・バートン
  • 公開:2012年5月(日本)
  • 主演:ジョニー・デップ
  • 共演:ミシェル・ファイファー、ヘレナ・ボナム=カーター ほか

 

あらすじ

 

18正規に使用人を失恋させてしまい〜それが実は魔女だったがために〜ヴァンパイアにされて生き埋めにされてしまう男が主人公(ジョニー・デップ)です。

彼は20世紀の世に目覚めます。

 

彼は、そこに見る落ちぶれた子孫たちを立て直し、また、自らの呪いを解き、いずれは再び人間の身体を手に入れようと切望しています。

 

感想

 

ティム・バートンとジョニー・デップのコラボが好きな方にはお薦めです。

  • ヤフー映画の評価は 2.74点(5点満点)
  • 映画.comの評価は 2.9点(同)

 

ブログ管理人「くろ子」は、『バトルシップ』よりは、この『ダーク・シャドウ』のほうが好みです♪

 

ティム・バートンとジョニー・デップのコラボ

 

2人は、監督&俳優として、けっこうな数の作品をつくっています。

以下の年月は、日本公開年月です。

  • 1991年07月『シザーハンズ』
  • 1995年09月『エド・ウッド』
  • 2000年02月『スピーリー・ホロウ』
  • 2005年09月『チェーリーとチョコレート工場』
  • 2005年10月『ティム・バートンのコープスブライド』
  • 2008年01月『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
  • 2010年04月『アリス・イン・ワンダーランド』
  • 2012年05月『ダーク・シャドウ』
  • 2016年07月『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』

 

ジョニデ関連追記...

 

ジョニー・デップさん、映画新作の宣伝で来日しました。

なので、ジョニー・デップさんの映画に差し替えたのは「正解」なのかもしれません。

 

『バトルシップ』をネット動画サイトで2回観た「くろ子」としては、あの映画で「金曜ロードSHOW」はないよな〜〜と思ってしまうのです。

 

辛口に言うと「金曜ロードSHOW」で扱うほどのコンテンツじゃないだろう...ということです。

 

なので、ジョニー・デップさん主演の『ダーク・シャドウ』に差し替えられたこと、良かったなと思っています(怪我の功名?)。

 

放送中止は誰が誰に「忖度」したのか...

 

『ダーク・シャドウ』に差し替えられて良かったとはいっても...

 

妙な「忖度」で予定が変更になったことは気になります。

 

  • 日テレがスポンサーを「忖度」した?
  • 日テレが視聴者を「忖度」した?
  • 日テレがアメリカ海軍を「忖度」した?

 

真実のほどは分かりませんが...(>_<)

 

映画『バトルシップ』は、船が沈没してしまうシーンはあるものの、純粋にエイリアンと海軍との戦いです。

 

イージス艦の事故を想起させることは「ない」と思うのですが...ね。

 

『バトルシップ』『ダーク・シャドウ』...

 

いずれの作品も、Amazonプライムビデオで追加料金なしで視聴ができます。

『バトルシップ』が気になる方は、無料視聴期間を使って観てくださいね。

 

まとめ

 

視聴者に「イージス艦の衝突事故を想起させてしまう」と何がまずいのでしょう...。

というか、そもそも『バトルシップ』を観て、イージス艦衝突を想起する人も少ないかも...です。

 

なんだか、事の顛末の意味が、よくわからないからこそ、本当の理由を知りたくなってしまいますね。

 

そのうち、謎が解けるのか、解けないのか...。

 

f:id:kanreki7:20170619213949p:plain

(※画像出典:映画.com

 

  • 注:本記事は「Amazonプライムビデオ」で今すぐに観ることができる作品を紹介しています。
  • ただし、「Amazonプライムビデオ」では、随時、視聴できる作品が替わることがあります。
  • 本記事の「今すぐに観ることができる」というのは、本記事公開日現在の情報であることをご了承ください。

 

  • 記事更新日:2017年7月19日
  • 記事公開日:2017年6月19日